タイの旅行業界で働けるポジション①企画・手配・斡旋業務全般

タイに訪れたことがある人は魅力にはまってしまい働きたいと考える人が多いと思います。
今では喫茶店のマスターになりたいという思いに変わりましたが、実は私も、そういった考えを持って働き始めました。
タイの自然に触れたり魅力を思う存分味わえたりする仕事として代表例として旅行会社での就職が考えられます。その旅行会社で日本人の求人募集をされているポジション例について紹介します。

ポジション名「旅行企画・手配・斡旋業務」とは、具体的にはタイに来られる日本人やタイに住んでいる日本人へ向けた旅行の企画をする仕事になります。企画をするということは、タイ国内の観光地をよく知っている必要があります。バンコク市内だけでなくアユタヤなどの歴史的価値がある観光スポット、チョンブリやプーケットなどのリゾート地などジャンルを問わずに知っていれば企画を立てやすいです。そうなるには、仕事だけでなくプライベートでもタイについて探究心がある人であれば、とてもやりがいが持てる仕事だと思います。
自身が立てた旅行の企画について、どれぐらいの費用がかかって、どれぐらいの規模になるかということも考える必要があります。
もし企画が採用されれば、会社が日本人向けに広告を打ちます。応募のあった人数に応じて、交通(飛行機やバスなど)や食事、宿泊先などの手配・斡旋をするのも、このポジションになります。このポジションは、日本でも有名な旅行会社のポジションになります。小さい旅行会社であれば、このポジションだけでなく、他のポジション(ツアーガイドや通訳など)と兼務することがあります。

家族や友人と旅行する時に企画を立てることが好きな人や、お客様が喜ぶ姿を見るのが好きな人に向いている仕事だと思います。

内勤が多くなるようなポジションになると、勤務地がバンコクと言うケースが多いです。郊外になるとガイドの仕事が多くなります。