バンコクの特選ガイド

コンドームをテーマにしたレストランから、極めて落ち着いた博物館まで、更に、蛇の館から個性的なお店まで、情熱の街バンコクには、楽しみがあふれています。

これは面白い:キャベツとコンドームのレストラン

スクムウィット通りにオープンしたレストランで、キャベツとコンドームをどうぞ。
政府の「人口と社会開発」団体とのコラボで、国策として課題になっている家族計画をテーマにしています。このお店は、「大きく見せる」ことに凝っているのが特徴で、ぴったりフィットする高級コンドームや、コンドームを使ったシュールリアリスト風の棚飾りが目を引きます。そして入口にはコンドームの歩兵が門を護っています。料理は最高です。

シリラート病院博物館における、外科の精神

バンコクに始めてきて、自由時間に何をしようかと考えているとき、最初に出くわしたのがここです。ワンレンにあるシリラート病院の系列です。この博物館は、心臓の弱い人には向いていません。タイの医学史のぞっとする物語が展示してあるのです。たくさんの標本があり、気持ち悪くグロテスクなものも。2004年の津波をテーマにしたコーナーもあり、救助にかけつけた医師や看護師達が出資したものです。
興味のある方は「シリラート病院博物館」で検索してください。

驚愕の稜線の眺め

バンコク1の絶景を観るなら、バンヤン・ツリーホテルのエレベータニー乗って61階のバー「ヴェルティゴと月」がおススメです。住民である必要もなく、一品頼む必要もありません。無料で景色を楽しむ場所は多くはなく、夜の方が人気です。

お茶とトーストが飲み食いできる本屋

長時間歩いて暑くなり、べたべたして気持ち悪くなってきたので、プラスメン通りのパスポートブックショップに行きました。小さなテーブルが備わっている小さな本屋で、エアコンが効いた店内でコーヒーを飲むことができます。メニューにはチーズトーストも!1~2時間地獄を味わった後に、ほっとできるスポットです。

運河の旅ーバンコクのクローンの探検ー

チャオプラヤー川のクルーズを楽しむ観光客はたくさんいますが、本当の地元住民の生活を目の当たりにするのなら、クローン(運河)をたどって街を巡りましょう。カラフルな水上タクシー・ロングテールボートに乗れば、どこにでも連れて行ってくれますよ。綺麗なイタリア橋をくぐり、粗末な木製の家屋の間や「芳香漂う」川の上に頼りなく乗っている歩道を進みます。絹商人ジム・トンプソンの家や店に立ち寄り、そのあとにボバエ・ホールセール着物店や、シアム通りの最新モダンの服を見て、そのギャップを楽しむのも良いですね。

宝石のような、川辺のゲストハウス

古い街並みの中にあって、新シアムゲストハウスは観光客向けに上手く作られています。
水上バス発着場や市場に近く、せいぜい10ポンドか20ポンドで利用できます。数年前友人にB&Bを勧められて、いつもここに宿泊することにしています。本当に宝石のような美しさです。

トレイン市場を旅しよう

1日に8本、毎週休みなくこの電車は運行しています。まさに文字通り、メコン市場の中を。電車が近づくと売り子たちは素早く屋台を動かして逃げ、通り過ぎた後は何事も無かったかのように商売を再開します。その鮮やかな手並みは見ものですよ。てっとり早く見学するには、ダムヌーン・サドゥワック水上市場の半日ツアーを予約することです。

蛇の館

休日の楽しみとしてはヘンかもしれませんが、赤十字社の「バンコク蛇農園」を見学し、重要な役割をしることも一興です。プロの蛇使いがキングコブラから毒液を搾り取るショーには、息を呑みますよ。

深呼吸しましょう

都会の雑踏を逃れるには、川向こうの施設「グリーン・ラング」に行きましょう。豪勢に茂った緑と、池の形とバンコクには似合わない綺麗な空気が、施設の由来になっています。自転車をレンタルして、ジャングルの狭い小道を探検しましょう。

21の最上階

タイの屋台は、スクンビット通りに行くと少なくなります。21の最上階、BTSのアソク駅とMRTのスクンヴィット駅の乗り換え地点には、厳選された屋台の味が集結しています。安くて比較的きれいな場所ですが、ランチタイムには住民でごった返しになります。

夕暮れのエアロビクス

日が暮れてくると、愛好家たちがルンピニ公園に出てきてタイ固有のローカルな体操で汗をかきます。ジャングルカレーを食べるよりも、汗びっしょりになりますよ。

夜の市場のご馳走

エカマイの高いバーにがっかりした後、私たちはラチャダのロッド・フェイ夜市にスリルを探しに繰り出しました。地元の若者たちでにぎわう場所で、私たちが望んでいた活気とエネルギーに満ちています。流行の先端がここにあり、フォルクスワーゲンのバンが光り輝く屋台になり、メニューが豊富で、たいていのほしいものは手に入ります。

大衆的ローカルバス

タクシーもトゥクトゥクも勧誘を断り、バンコクでローカルバスを選ぶのは、冒険そのものです。バスの情報は、特に英語では、全くオンラインではセービスされず、運転手はまったく英語を理解してません。ホテルも観光案内も、バスが何処行きなのかまったく知らないことが多いのです。じゃあ、なぜバスが必要なんだろう?バスに乗るとタイの公共交通機関が市民の生活にどのように役立っているのかわかるし、乗客たちは驚く程に満足しているのです。運賃は極端に安く、ただのバスさえあります。

巨大なタイのオムレツ

チャイナタウンは壮大だけど、ちょっとありきたり。代わりにBTSスカイトレインのアソク駅近くのスクンビット通りで、度肝を抜く大きさのオムレツに挑戦しませんか?黒油で酢と一緒に焼かれ、チリソースとマスタードをかけて頂きます。冷蔵庫で冷えた炭酸水でこの辛いオムレツを流し込みました。スクーターがけたたましい音を立てて椅子に座った客たちを驚かせるのを横目で見ながら。

タイに初めて行く人用のガイド

初めてタイを訪問する方は、もれなく楽しめます。そこは様々な顔を持つ国です。サラサラの砂浜から、美味しい食事、そして観光地ではびっくりする文化も。必ずハッピーになれること間違えなしです。

タイは東南アジアの入門編として、オールラウンドな国です。エキゾチックで、かつ快適です。多様性があり、手頃に探検もできます。未開の部分もありますが独特の文化と食事でもてなしてくれます。

北部の注目スポット

タイが最もエキゾチックだと思うのがこの地帯です。ラナ王朝時代から何世紀も独自の方言と伝統を有しています。北部文化の中心地チェンマイで、今日は独特の個性を味わうことができますよ。

四角い城壁と周囲を縁取る濠の中にある古都に、魅惑的な古い寺院があり、オレンジ色の袈裟を着た僧たちの念仏がこだまします。タイの念仏から精神文化を学ぶには、ワット・チェディルアン、ワット・スアン、ワット・プラタート・ドイステープなどの寺院で講義を受けることができます。

タイ北部の料理は独特の美味しさがあります。中華と、ビルマと、ムスリムの進化形です。夕食にチャーンプアックの市場でカオ・ソーイ(カレーヌードル)と、スパイスとニンニクの効いたソムタム(パパイヤサラダ)を食べてから、ワローロット市場のナイトバザールに繰り出してお土産を物色しましょう。チェンマイ料理学校でレッスンを受けて、何かつまんでみませんか?

一両日周囲の丘陵地帯を散策すると豊かな文化遺産や自然の不思議に出会います。ジャングルのトレッキングツアーに参加すれば、モン族、アカ族、カレン首長族に出会ったり、リス族のロッジで裸足になり、伝統文化に浸るのも楽しいですよ。国立象公園で最もたくましい生き物に出会いましょう。そこで保護された象の体を洗うことができますよ。

ビーチと南部

全てのビーチが同じわけではありませんよ。そのいくつかはバーで賑わい、その一方静かで青緑の海と金色の砂に輝く洒落た浜もあります。いくらでも選べますよ。

珊瑚礁が生きた万華鏡のように美しい砂浜もあります。魚とご対面したければ、酸素マスクやシュノーケルは必携です。スキューバダイビングの体験教室で有名なコ・タオから、コ・ナン・ユアンに行くと、ウミガメやトリガーフィッシュ、時には
シャチにも巡り会えます。シミリア島やアンダマンワン沖のコ・ランタではマンタやタツノオトシゴと一緒に泳げますよ。他の沖合ではジャングルに面していたり、石灰岩がむき出しになっていたりしています。ラビの近くのレイライ・ビーチでは胸ときめくロッククライミングができます。

コ・サムイはブティックやカクテルで知られていますが、西の方に行けば伝統的な雰囲気が魅力的です。ゴージャスで洗練された夜ならプーケですが、静かな場所もあるんですよ。カヤックツアーで海の洞窟や礁湖の美しさに浸りましょう。

でも、どのビーチに何時行けばいいの?

タイは豪奢な南国の楽園です。しかし、緑豊かな木々も、雨なくしては茂りません。良い知らせとしては、西のアンダマン湾と、東のタイ湾では雨期がズレることです。どちらかに行けば、観光に適していますね。11月から4月にかけては、プーケやコ・ピーピーやラビがあるアンダマンがシーズンで、東海岸はコ・チャン、コ・ムスク、コ・クーが乾季です。コ・サムイやコ・ファ・ガン、コ・タオは2月ー4月、6−8月が観光シーズンです。雨季でも、いつも雨が降るわけではありません。雨がふったら少しの間避けるか、旅の時期によって宿泊地を工夫すれば良いのですよ。

首都の理想

バンコクは古い伝統と新しい流行がゴミゴミと、雑然と混じりあったところです。寺院があり、キラキラ光る高層ビルがあり、渋滞の道路があります。数々の驚きがありますが、中でも金の屋根と精緻な壁のグランドパレスを散策し、ワットプラケオのエメラルド仏とワット・フォーの涅槃仏(マッサージも有名ですよ)は秀逸です。その次はカオサン通りに繰り出して、バーやショッピングも楽しみましょう。

本当にタイの「天使の街」を実感するならば、水を飲みましょう。チャオ・プラヤ川はバンコクの大動脈です。自分のボートで旅するか、オンボロのボートに乗るか、10バーツ払って高速船に乗るか、いずれにしても煌くワットアルムや、「夜明けの寺」のマル秘スポットを楽しめます。目もくらむ高い等に登り、絶景を見渡しましょう。ロングテールボートに乗ってバンコクの運河を探検し、船上の市場を覗きましょう。サム・ソンクラームのカが最も正統で、花、フルーツ、野菜で満載です。

どんなものか、試してみたいですか?トムヤムクン(レモンハーブ、ガラナ、ライムをエビと煮込んだスープ)のようなバンコクでメジャーな料理をランビニ公園の屋台で味わいましょう。そこは憩いの場で、老人たちが太極拳の練習をしています。

シメには是円形スポットで一杯やりましょう。高所にある隠れ家的バーで。レブアホテルのシロッコにあるスカイ・バーはたぶん世界最高峰のバーですよ。

そして、ちょっとロマンスを

絹のように柔らかな砂に指を入れ、オーク材の芳香を吸い込み、二人きりのマッサージ。タイにはロマンスの原点があります。ヤシの木がそよ風で揺れる戸外での結婚式や、滝のそばのキャンドルサービスさえも、現地のウィディングプランナーが実現してくれます。シンプルに行きたければ、仏教寺院に頼めば、初婚でも再婚でも、完璧な式を行ってくれます。

タイは新婚旅行天国でもあります。このもてなしの地で新たな生活のスタートを切ることにしても、決して後悔はしませんよ。バンコクにはロマンティックな宿泊地が限りなくありますよ。バンコク・ツリーハウスでは星空の下で眠ることができます。カオラックのサロジンのようなブティックの街では、二人だけの手製のグッズを手にしましょう。筏による川下りで夕食をとることも。とろけるような甘い時間帯になること、請け合いです。

特選のオススメ

初めてタイを訪問する方は、もれなく楽しめます。そこは様々な顔を持つ国です。サラサラの砂浜から、美味しい食事、そして観光地ではびっくりする文化も。必ずハッピーになれること間違えなしです。空港センターに行けば、バンコク、ジャングル、砂浜の旅を1375ポンドで提供します。