タイの旅行業界で働けるポジション③日系ホテル

タイの旅行業界で働けるポジションについて紹介する記事の第3弾として紹介したいのは日系ホテルです。

同じような旅行業界とは言え、ホテルは私のイメージでは一線を画すような気がしていたので書くかどうかをためらっていました。しかし、旅行会社と切っても切れない関係なのと友人や知人も多いので思い切って書くことにしました。

ホテル業界は、キャリアアップと縁が深い業界だと思います。それは、ホテル業界の特異な体質があります。ホテル業界で就職し働いても中々給料は上がって行きません。役職がないと年齢がどんなに高くても収入が上がらないままです。そのため、ホテル業界では、度々キャリアアップ目的で転職するケースがみられます。そのため、積極的にキャリアアップを目指す人や向上力がある人にとっては最適な職場なんじゃないかと思います。(一部のポジションに関しては日系ホテルとそれ以外で変わってきますので、ここでは日系ホテルへ就職した場合について記載します)

ホテル業界で働いたことがないような未経験の場合、最初に配属されるのは役職のない一般スタッフです。日系ホテルの場合は、ベルサービスや客室業務を専門とした部署に配属されることが多いです。慣れきたり、他のポジションに空きが出たりすれば、フロント業務をする部署に配置されるか、営業へと配属されることが多いです。営業に配置されると、そのままずっと営業ということになることがあります。しかし、フロント業務になると、そのままフロント業務を続けるか、宿泊予約やお客様のサポートをするコンシェルジェ業務を請け負う部署へと異動することがあります。結婚式場などがあるようなホテルですと、レストランや宴会の部署に配属されることがあります。

仕事を十分にこなせるようになってくれば、他のスタッフへの指導をするポジションへと移っていきます。その際、コンシェルジェからフロントへ異動したり、客室業務を専門とした部署へと異動したりと配置場所が変わるケースが多いです。この時、ホテルの規模にもよりますが、役職はリーダーや主任ということが多いです。

ホテル業界では最終的なポジションは総支配人やGMになるかと思います。それまでに、一般職の課長に当たるマネージャーから始まり、チーフやスーパーバイザー、アシスタントマネージャーなど呼び方が違いますが一つずつ昇進して行くことになります。そのあとは部長に当たるディレクターとなります。

ホテル業界での転職機会は、マネージャーポジションを得てから始まると考えてください。それまでのポジションで転職してもキャリアップどころか、給料が下がるケースの方が多く、営業職でない限りポジションもゼロからスタートとなることがあります。最低でも、他のホテルへの転職やキャリアアップを考えるのであれば、マネージャー職にはついていた方が良いです。

Airbnbでタイ国内の旅ができます。

タイ国内を旅行する際に頻繁に利用しているのがAirBnBです。
そんなAirBnBに新しいサービスが出来たようなので、記事を書きます。

3つのお試しサービスがバンコクで利用できます。
このサービスのコンセプトが「アジアに進出」です。

Airbnbがタイで新たな「Trips」のコンセプトを打ち出しました。宿泊施設から一歩踏み出して
サービスの多様化を推進します。

タイ旅行で頻繁に利用する機会があるAirBnB タイ(日本語版)

2017年3月16日木曜日、バンコクで開かれた記者会見で、Airbnb社の共同設立者で製品担当役員のジョー・ゲビア氏が、新たなサービスの概要を発表しました。

Airbnbは従来主力としていた民泊の機能を進化させ、「Trips」に3つの異なる機能を追加します。すなわち、「家」「体験」そして「場所」です。狙いは、旅行者に体験を通じた満足と余韻、イベントの地元でしか得られない情報、そしてアクティブに活動できる場を提供する機能です。

Airbnbにとってタイは急成長中の市場です。昨年度は前年比で49%増の注文があり、民泊を望む人は毎年なんと93%の率で増えているのです。

「我々は旅の奇跡を再び起こすのです。地方都市に興味津々の旅行者に、真の魅力を地元の人から伝えてもらう事業に力を注いでいます。」ゲビア氏は、そう語ります。

「タイは旅の目的地として信じられない成長を遂げています。わが社のタイ国内旅行の利用者は去年だけで前年149%の伸びです。そして土地の、特にバンコクの真の魂を感じることが旅のキモだと思っています。バンコクは東南アジアで特異の文化を持つクリエイティブな首都です。エネルギッシュで文化遺産も豊富です。今回バンコクの旅を紹介することに、私はとても興奮しています」

この旅では、Airbnbの利用者は民泊とセットで旅先の体験を選び、予約できます。体験は、その地の専門家が考え抜いたもので、ツアーに同行して街の案内をします。これらのツアーは民泊とは別に、地元で新たな発見を求める住民でも予約できます。

バンコクで最初にリリースされるサービスは「タイのムエタイ体験」「フルーツ摘み」「カクテル作り」です。バンコク、シンガポール、東京、ソウルなど世界13都市で展開されている800の体験にこれを加えます。このサービスは年末までに50以上展開される予定です。

私も何か参入出来ないかと、これから考えていくつもりです。