タイの旅行業界は、これなしでは存続できない

タイの旅行市場における中国人の進出に関するKSCのレポートには、考えるべき点があります。銀行のシンクタンクによれば今年の後半には不況を脱し好況に転じるというのです。

ホテル業界はこの知らせに喜ぶでしょう。2016年の第4四半期と翌第1四半期の中国人旅行者の減少は、下期には増加に転じ、予約が増えることになるというのです。
KSCの需要予測は信ぴょう性が高いのですが、タイの旅行市場の強気な見通しにはいつも読者の皮肉なコメントがつくものです。「銀行やTTR ウィークリーは、事なかれ主義なんどよ、と」。ではKSCの調査員はこれらの意見に耳を貸さないのでしょうか?
それとも政府が提供する良い素材ばかりに目が行って、もう一方の側面が見えていないのでしょうか?

我々は、今回のKSCの分析は正しいとみています。しかし、旅行業者の大手の見方は、ポイントを得ています。旅行の予約の減少は、代理店を通す客の減少をさしている、と。

団体による旅行の予約から、個人へとシフトする傾向は、想像よりもずっと早く進んでいます。これは洗練された旅行代理店や、先進的な予約サイトが中国の富裕層を標的に売り込み攻勢をかけていることが影響しています。代表的なのがCtripで、オンラインの予約サイト市場で急速に席巻しています。

更に、KSCの調査チームは重要なポイントをついています。タイには何百万もの中国人をひきつける魅力があるのです。中でも若年層が目をつけるのは体験ツアーの驚くほどの豊富さです。この予見には思わずうなりたくなりますが、これは中国のタイ・ブームのほんの序の口です。中国人個人と家族が来る休日の計画を考えるにつけ、タイはますます予約がしやすく、若い世代が繰り返し訪れる目的地なのですから。ショッピング、グルメ、結婚式、ハネムーン、贅沢なリゾート、スポーツイベントなど、旅の目的はいくらでもあります。

タイの旅行業界で働けるポジション③日系ホテル

タイの旅行業界で働けるポジションについて紹介する記事の第3弾として紹介したいのは日系ホテルです。

同じような旅行業界とは言え、ホテルは私のイメージでは一線を画すような気がしていたので書くかどうかをためらっていました。しかし、旅行会社と切っても切れない関係なのと友人や知人も多いので思い切って書くことにしました。

ホテル業界は、キャリアアップと縁が深い業界だと思います。それは、ホテル業界の特異な体質があります。ホテル業界で就職し働いても中々給料は上がって行きません。役職がないと年齢がどんなに高くても収入が上がらないままです。そのため、ホテル業界では、度々キャリアアップ目的で転職するケースがみられます。そのため、積極的にキャリアアップを目指す人や向上力がある人にとっては最適な職場なんじゃないかと思います。(一部のポジションに関しては日系ホテルとそれ以外で変わってきますので、ここでは日系ホテルへ就職した場合について記載します)

ホテル業界で働いたことがないような未経験の場合、最初に配属されるのは役職のない一般スタッフです。日系ホテルの場合は、ベルサービスや客室業務を専門とした部署に配属されることが多いです。慣れきたり、他のポジションに空きが出たりすれば、フロント業務をする部署に配置されるか、営業へと配属されることが多いです。営業に配置されると、そのままずっと営業ということになることがあります。しかし、フロント業務になると、そのままフロント業務を続けるか、宿泊予約やお客様のサポートをするコンシェルジェ業務を請け負う部署へと異動することがあります。結婚式場などがあるようなホテルですと、レストランや宴会の部署に配属されることがあります。

仕事を十分にこなせるようになってくれば、他のスタッフへの指導をするポジションへと移っていきます。その際、コンシェルジェからフロントへ異動したり、客室業務を専門とした部署へと異動したりと配置場所が変わるケースが多いです。この時、ホテルの規模にもよりますが、役職はリーダーや主任ということが多いです。

ホテル業界では最終的なポジションは総支配人やGMになるかと思います。それまでに、一般職の課長に当たるマネージャーから始まり、チーフやスーパーバイザー、アシスタントマネージャーなど呼び方が違いますが一つずつ昇進して行くことになります。そのあとは部長に当たるディレクターとなります。

ホテル業界での転職機会は、マネージャーポジションを得てから始まると考えてください。それまでのポジションで転職してもキャリアップどころか、給料が下がるケースの方が多く、営業職でない限りポジションもゼロからスタートとなることがあります。最低でも、他のホテルへの転職やキャリアアップを考えるのであれば、マネージャー職にはついていた方が良いです。

タイの旅行業界で働けるポジション①企画・手配・斡旋業務全般

タイに訪れたことがある人は魅力にはまってしまい働きたいと考える人が多いと思います。
今では喫茶店のマスターになりたいという思いに変わりましたが、実は私も、そういった考えを持って働き始めました。
タイの自然に触れたり魅力を思う存分味わえたりする仕事として代表例として旅行会社での就職が考えられます。その旅行会社で日本人の求人募集をされているポジション例について紹介します。

ポジション名「旅行企画・手配・斡旋業務」とは、具体的にはタイに来られる日本人やタイに住んでいる日本人へ向けた旅行の企画をする仕事になります。企画をするということは、タイ国内の観光地をよく知っている必要があります。バンコク市内だけでなくアユタヤなどの歴史的価値がある観光スポット、チョンブリやプーケットなどのリゾート地などジャンルを問わずに知っていれば企画を立てやすいです。そうなるには、仕事だけでなくプライベートでもタイについて探究心がある人であれば、とてもやりがいが持てる仕事だと思います。
自身が立てた旅行の企画について、どれぐらいの費用がかかって、どれぐらいの規模になるかということも考える必要があります。
もし企画が採用されれば、会社が日本人向けに広告を打ちます。応募のあった人数に応じて、交通(飛行機やバスなど)や食事、宿泊先などの手配・斡旋をするのも、このポジションになります。このポジションは、日本でも有名な旅行会社のポジションになります。小さい旅行会社であれば、このポジションだけでなく、他のポジション(ツアーガイドや通訳など)と兼務することがあります。

家族や友人と旅行する時に企画を立てることが好きな人や、お客様が喜ぶ姿を見るのが好きな人に向いている仕事だと思います。

内勤が多くなるようなポジションになると、勤務地がバンコクと言うケースが多いです。郊外になるとガイドの仕事が多くなります。