タイの旅行業界は、これなしでは存続できない

タイの旅行市場における中国人の進出に関するKSCのレポートには、考えるべき点があります。銀行のシンクタンクによれば今年の後半には不況を脱し好況に転じるというのです。

ホテル業界はこの知らせに喜ぶでしょう。2016年の第4四半期と翌第1四半期の中国人旅行者の減少は、下期には増加に転じ、予約が増えることになるというのです。
KSCの需要予測は信ぴょう性が高いのですが、タイの旅行市場の強気な見通しにはいつも読者の皮肉なコメントがつくものです。「銀行やTTR ウィークリーは、事なかれ主義なんどよ、と」。ではKSCの調査員はこれらの意見に耳を貸さないのでしょうか?
それとも政府が提供する良い素材ばかりに目が行って、もう一方の側面が見えていないのでしょうか?

我々は、今回のKSCの分析は正しいとみています。しかし、旅行業者の大手の見方は、ポイントを得ています。旅行の予約の減少は、代理店を通す客の減少をさしている、と。

団体による旅行の予約から、個人へとシフトする傾向は、想像よりもずっと早く進んでいます。これは洗練された旅行代理店や、先進的な予約サイトが中国の富裕層を標的に売り込み攻勢をかけていることが影響しています。代表的なのがCtripで、オンラインの予約サイト市場で急速に席巻しています。

更に、KSCの調査チームは重要なポイントをついています。タイには何百万もの中国人をひきつける魅力があるのです。中でも若年層が目をつけるのは体験ツアーの驚くほどの豊富さです。この予見には思わずうなりたくなりますが、これは中国のタイ・ブームのほんの序の口です。中国人個人と家族が来る休日の計画を考えるにつけ、タイはますます予約がしやすく、若い世代が繰り返し訪れる目的地なのですから。ショッピング、グルメ、結婚式、ハネムーン、贅沢なリゾート、スポーツイベントなど、旅の目的はいくらでもあります。

東南アジアはビザ無しの旅を目指している2

「東南アジアの開かれた空」の青写真

エアーアジアが火をつけたLCCの拡大は、多くの旅行者にとって高価で移動が不便だった地域の間を繋げました。

LCCの利用路線は東南アジア全体の中でも過半数を占め、利用客の数でいえば、この地域は世界最大の市場となっています。

「ASEANの旅行市場の成長は、特にLCCの成長に依るものである」ワッターナブランギー氏は語ります。「都市間を繋げる航空網は、もはや首都同士に限らず、首都と第二の都市、さらには第二の都市同士を繋げる域に達しています」

未だにASEAN内の首脳の間では「開かれた空」の合意はなされていません。「国際都市航空機構」のアジア太平洋局長・アルン・ミシュラ氏はサミットで説明しました。

EUでは東南アジアよりも「開かれた空」に関して進んでいて、合意を形成しています。「それはすなわち、東南アジアが第7の自由の実現を決意していないからです。飛行機が一つのハブ空港から他のハブへと自由に行き来することが、未だに許可されていないのです」「ゆえに、空港にはたくさんの飛行機があるのです。エア・アジアのような飛行機でが国から国へとを飛行し、到着地でパートナーの航空会社へ乗り換える必要があるのです。」

「開かれた空」の開発が進んで合意に至れば、ASEAN域内で低価格路線の行き来が活発になり、中国やインドの業者とも競争できるようなるでしょう」ミシュラ氏は期待します。

東南アジアの広範囲にわたる設備投資の優先順位

東南アジア観光産業の成長は、一部の地域で投資が需要に追い付かず、危機に直面しています。
ASEANで1年に必要とされる投資は1100億円と見積もられ、ざっくり従来の年間投資の2倍から6倍もの規模となっています。

サミットのセッションの間、世界最大の旅行会社の重役たちが何人も、調査に協力しました。「ASEANで最も成長と投資が必要なのはどの分野ですか?インフラ、人材、市場、法整備の中ではいて」

回答のほぼ半数は、インフラに対する投資が最重要との結果がでました。空港の設備投資は7分の3.4で、陸や海の輸送への投資が3.5に対して低いのです。(2017年「世界経済フォーラム」の「旅行と観光の競争力」のレポートによる)

東南アジアの空港の多くが老朽化し、改修に適さなっているというのに、空路は最優先の課題でもないのです。
ベトナム、カンボジア、タイ、ラオス、ミャンマー、中国を流れるメコン河が富をもたらす物流の、最重要の投資対象だとワッターナブランギー氏は言います。

ASEAN加盟諸国はPPPパートナーシップによる投資で空港と海運の発展を望んでいます。「インフラ整備に関しては、課題は主要都市だけではないのです」「旅先を魅力的なものにするには、政府だけでは第二の都市の開発は不可能です。だからPPPから始めているのです。」彼女の主張です。

ヤジャ氏によると、観光業におけるインドネシア政府の投資負担は30%に過ぎないといいます。
「かつては、新しい港や道路のほうが大事でした。」

ASEANは観光業の統合へ挑戦する

ASEAN諸国はインフラ整備の立ち上げに勢いをつけるため、より多くのPPP締結を求めています。
それだけではなく、観光産業のスキルを持つ人材が国をまたいで活躍できる仕組み作りを必要としています。

「訓練された人材を、ある国から別の国に動かすことは制約が多すぎます。なにしろ、異なる法律のもとで技量を身につけていますから。」ヤジャ氏は指摘します。「異国間の法規制が調和して労働力が国をまたがり流動的になったら、本当に助かるのですが」

「世界経済フォーラムによるとASEANの観光業における人材と労働力の供給力は7分の4.8ポイントで、情報交換の技術に至っては4.3ポイントです。」

「ASEAN諸侯は観光業を優先的に扱う傾向にある。この分野では50位以上にランクされている」
「しかして、空路、道路、観光サービスのインフラと情報化については、最も進んだシンガポールと、それに次ぐマレーシア、タイと、その他の地域の格差が大きすぎる」世界経済フォーラムのレポートに記されています。

「観光業界のアドバイザーは、東南アジアの国々が統合化への動きを鈍化させている」フィリピンの観光書記官、ワンダ・タオ氏は問題を指摘します。というのも、2016んえ4月21日依頼、慟哭ではテロ活動と恐怖が募っているからです。

タイの言論規制や、暴力への厳罰、観光地近くのテロ活動への懸念なども、マイナス要素です。

それでも、ASEAN諸国は協力して、互の観光地としての魅力をアピールします。ヤジャ氏はその効果を期待しています。

特に東南アジアでは、経済成長を自力で遂げるのに、観光業は最も重要と考えられています。もし自国の観光業の妨げになるようなら、ASEAN加盟国は隣国の宣伝などはやらないでしょう。

タイの観光業は2.9%も伸びている

スポーツ官公庁は、今年1月から4月までに海外からタイを訪れた旅行者の数を1200万人、2.91%の増加と発表しました。

先週公表された政府のデータは、今年最初の4ヶ月の観光客の数が12,021,617名で、昨年同時期の11,682,144名を上回ったことを示しています。

このデータは海外のパスポートを持つか、IDを持つ人で、陸上、海上、空路の国際通過ポイントをとおり、かつ一泊した旅行者を条件としています。

大臣秘書官のポンパヌー・スベタルンダ氏によると、同国向けの観光産業は昨年同期の593,702,11百万バーツから4.71%伸びて、621,646,26百万バーツの収益をもたらしたと言います。

「この調子で急成長を続ければ、タイを目指す観光客は2030年には6千万人を突破しします。今から備えて
おかなければ」と、彼は言います「観光地としての質と公共機関の利便性を高めなければなりません。利用客の増加に対応できる交通機関やアトラクションなどです。国、公共団体、民間組織すべてが協力し、調和して安全性、環境保護
などに対応しなければ」

4月だけでみると、外国人旅行者は2,827,560人で、前年同期の2,643,251名よりも6.97%の伸びとなっています。

地域別に見ても、この4ヶ月ですべてが増加しています。アフリカは14,457名から18,938名となり、31%の伸びは最大です。中でも南アフリカ共和国が6,929名から11,159と61.05%も進捗しています。

アメリカ大陸は107,349人から130,397人と21,47%の伸びです。アメリカ合衆国が74,755名から107,349名と21.47%の最大の伸びで、次がカナダ(21,651名。15.54%増)ブラジル(6,469名。42.39%増)アルゼンチン(6,247%。53.56%増)と続きます。

ヨーロッパは431,534人から513,259にんど18,94%の伸びです。内訳はノルーウェイ(+46.9%)スペイン(+42.56%)ベルギー(+32.71%)スイス(+26.52%)ロシア(+25.10%)東ヨーロッパ(+23.44%)ドイツ(+22.99%)イギリス(+22.09%)
デンマーク(+19.67%)イタリア(+15.87%)フィンランド(+12.58%)スウェーデン(+11.74%)オーストリア(+9.7%)フランス(+0.55%)となっています。オランダが唯一、3.76%の減を記録しています。

オセアニアは75,986名から89,716名と18,07%の増加を記録しています。ニュージーランドとオーストラリアが主力で、それぞれ28,73%(10,683名)と16,77%(78,722名)です。

南アジアは121,219名から135,956名と12.16%の伸びです。
インドが84,012名から107,451名と14,29%伸びてこの地域を牽引し、他はバングラディシュ(9,218名。19.82%増)スリランカ(7,081名 12.36%減)パキスタン(6,132% 16.58%増)ネパール(2,741名 11.64%減)です。

中近東は59,588名から61,669名と3.49%の減です)イスラエルが15,476%から17,417%とこの地域最大の10.8%の伸びを示しています。そのほかの中部アジアの主な市場はアラブ諸国連合(9,563名。1.17%増)クエート(4,747名。5.17%増)、サウジアラビア(2,456名。55.84%増)、エジプト(2,006名。15.68%減)。

東アジア(ASEAN含む)は1,833,118名から1,877,624名と2.43%微増です。増加している国はインドネシア(+46.85%)香港(+44.85%)韓国(+21.54%)ブルネイ(+20.65%)ベトナム(+17.07%)フィリピン(+16.51%)ミャンマー(+12.45%)マレーシア(+7.26%)日本(+4.18%)ラオス(+3.66%)シンガポール(+3.35%)

減っている国は中国(-8,33%)カンボジア(-2.33%)台湾(-1.45%)です。