例えばバンコク滞在時間が24時間しかなかったら(2)

前回の続き

夕方

日が沈む前にハイになりに行こう・・・・
いえいえ、そういうのではありません。
街中の、目眩がするほどの「高層ビルのバーに登りませんか?
シーロム通りのスカイバーはお約束の高層バーですが、ここではミュゼ・ホテルの「スピークイージー」を紹介します。1920年代風のフラッパーファッションをまとったホール係が大きなジョッキでフルーツカクテルを持ってきます。

そこから見えるビル群は魅惑的で、稜線がくっきりと見えます。さらに上の階に昇る隠し扉もあります。「メインのバーの壁を調べて、探してみては?」ピリ辛の帆立貝やグリーンカレーと良く冷えたシャンペンの相性最高ですよ。

他にはこんなお店も良いです。

「アバブ イレヴン」
こちらの細長い店には、はまりこんでボンヤリ景色を眺めるソファーがあります。ここのカクテルはコンテストの受賞作品や定番ものがズラリ。「空飛ぶピンクの象が公園を横切ってくのを見たことがあるかい?」は正にその名の通りの飲みごたえですよ。

「クラウド47」
クラウド9の数階上にある、真っ白な外装のワインとダイニング
のお店です。お酒を飲んでちょっとフラフラした人がもう一件・・・という時にどうぞ。

夕食

「ベイビー、ネオンを探そうぜ」なんて言ったら、ネットフリックスの大げさな宣伝みたいですが、ここでは「リトル・バオ」を紹介します。外にあるスツール椅子か、中の使い古した緑やピンクのシートに座りましょう。シェフのメイ・チョウは注目の
料理人で、中華料理とハンバーガーに使う丸いパンを組み合わせて最近ブレークしています。もちろんオススメは「豚の胃袋」ですが、「豚の蒸し煮ホイシンジャンケチャップ和え」や「四川鶏のサクサク揚げ」も同じくらい人気です。

こんなお店もオススメです。

「ガガン」
流行りのインド創作料理がここに。ネットフリックスのスターシェフ・ガガン・アナンドが見せる夢の世界です。お腹を空かせて行きましょう。25皿のコースもあるのですから。

夕食後

「マギー・チュー」ノボテル・バンコク・フェニックス・シロムにあるこのバーが、街で最もカッコイイと称される店です。何かウォン・カー・ワイ監督の映画に出てくる無法地帯にでも来たような気分に浸れます。1930年代のヌードル・ショップみたいに
天井から紙製の傘がぶら下がり、ショーケースの中には骨董品が飾られています。ここでは正に、東インド会社銀行の地下室に入ったようです。飲み物は、同じく前衛的です。綿菓子で飾られフルーツを乗せたものは、カルメン・ミランダだって自慢するでしょう。「サルトリー・ノスタルジア」でも物足りない方は「チェオンサム・スポーティング・サイレンズ」が飛び切りジリジリと火照るジャズ・ナンバーを奏でます。

深夜

木曜から日曜までは、80もの灯りが屋台に灯る「タラド・ネオン・ナイト・マーケット」を楽しみましょう。深夜まで楽しめるので、お酒のあとの寄り道には最高ですよ。

伝統料理・・巨大エビのチーズのせ、カリカリライスとビフテキなどが食せます。甘党の人には、デコレートされたチョコやケーキをどうぞ。ポップアップ・バーがあらゆる種類の献杯を提供します。血に似せたパックとピペットや、ジェローと日本酒を混ぜた小ぶりの盃などです。

「カオ・サン・ロード」
バンコクで最も有名な夜市場が、旅人たちに人気です。
そこでの土産物は、冴えないものばかりですが、もし酔っ払ってて、虫のつまみにチャレンジしようとか、駄作を持ち帰ってみようとか、そんな楽しみに満ちています。