タイの観光業は2.9%も伸びている

スポーツ官公庁は、今年1月から4月までに海外からタイを訪れた旅行者の数を1200万人、2.91%の増加と発表しました。

先週公表された政府のデータは、今年最初の4ヶ月の観光客の数が12,021,617名で、昨年同時期の11,682,144名を上回ったことを示しています。

このデータは海外のパスポートを持つか、IDを持つ人で、陸上、海上、空路の国際通過ポイントをとおり、かつ一泊した旅行者を条件としています。

大臣秘書官のポンパヌー・スベタルンダ氏によると、同国向けの観光産業は昨年同期の593,702,11百万バーツから4.71%伸びて、621,646,26百万バーツの収益をもたらしたと言います。

「この調子で急成長を続ければ、タイを目指す観光客は2030年には6千万人を突破しします。今から備えて
おかなければ」と、彼は言います「観光地としての質と公共機関の利便性を高めなければなりません。利用客の増加に対応できる交通機関やアトラクションなどです。国、公共団体、民間組織すべてが協力し、調和して安全性、環境保護
などに対応しなければ」

4月だけでみると、外国人旅行者は2,827,560人で、前年同期の2,643,251名よりも6.97%の伸びとなっています。

地域別に見ても、この4ヶ月ですべてが増加しています。アフリカは14,457名から18,938名となり、31%の伸びは最大です。中でも南アフリカ共和国が6,929名から11,159と61.05%も進捗しています。

アメリカ大陸は107,349人から130,397人と21,47%の伸びです。アメリカ合衆国が74,755名から107,349名と21.47%の最大の伸びで、次がカナダ(21,651名。15.54%増)ブラジル(6,469名。42.39%増)アルゼンチン(6,247%。53.56%増)と続きます。

ヨーロッパは431,534人から513,259にんど18,94%の伸びです。内訳はノルーウェイ(+46.9%)スペイン(+42.56%)ベルギー(+32.71%)スイス(+26.52%)ロシア(+25.10%)東ヨーロッパ(+23.44%)ドイツ(+22.99%)イギリス(+22.09%)
デンマーク(+19.67%)イタリア(+15.87%)フィンランド(+12.58%)スウェーデン(+11.74%)オーストリア(+9.7%)フランス(+0.55%)となっています。オランダが唯一、3.76%の減を記録しています。

オセアニアは75,986名から89,716名と18,07%の増加を記録しています。ニュージーランドとオーストラリアが主力で、それぞれ28,73%(10,683名)と16,77%(78,722名)です。

南アジアは121,219名から135,956名と12.16%の伸びです。
インドが84,012名から107,451名と14,29%伸びてこの地域を牽引し、他はバングラディシュ(9,218名。19.82%増)スリランカ(7,081名 12.36%減)パキスタン(6,132% 16.58%増)ネパール(2,741名 11.64%減)です。

中近東は59,588名から61,669名と3.49%の減です)イスラエルが15,476%から17,417%とこの地域最大の10.8%の伸びを示しています。そのほかの中部アジアの主な市場はアラブ諸国連合(9,563名。1.17%増)クエート(4,747名。5.17%増)、サウジアラビア(2,456名。55.84%増)、エジプト(2,006名。15.68%減)。

東アジア(ASEAN含む)は1,833,118名から1,877,624名と2.43%微増です。増加している国はインドネシア(+46.85%)香港(+44.85%)韓国(+21.54%)ブルネイ(+20.65%)ベトナム(+17.07%)フィリピン(+16.51%)ミャンマー(+12.45%)マレーシア(+7.26%)日本(+4.18%)ラオス(+3.66%)シンガポール(+3.35%)

減っている国は中国(-8,33%)カンボジア(-2.33%)台湾(-1.45%)です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です